ブログ

ブログ

旧ブログ
2011/02/14
胎児と歯

s-110205_2328~0001
ついに、
1月24日grand matherになりました。

生まれたてでもちろん歯は生えてませんが、妊娠20週目の
エコー検査に立会い、画像を見ていると、なんと歯らしき
ものが見えてガイコツそのもの!!

1歳前後で乳歯が生えてくるので、生まれてからできるの
かな
?と思っていたら、乳歯の「芽」とも言える「歯胚」
は胎生7週目ころにつくり始められ、
10週までにすべての
乳歯がすでに発生しているそうです。

赤ちゃんの歯はマイナス1歳からつくられ始め、母体の栄養状態が悪いと、
赤ちゃんの歯が弱くなったり、虫歯ができやすい性質になったりするそう
です。
妊娠したその時から赤ちゃんの「歯育」は始まり
「マイナス1歳からの虫歯予防」が必要だそうです。

以前、歯医者は虫歯で痛いときに行くところでしたが、最近は予防歯科が
一般的に知れ渡り、虫歯治療や歯周治療が終了し安定期に入れば、
3ヶ月メンテを継続的に受診する方が増えています。

大人も子供も悪くなる前の予防が大事です!!

これからママになる方、赤ちゃんの歯の健康は胎内からスタートですよ!!

             《 中村 典子 》

CONTACTお気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。