ブログ

ブログ

旧ブログ
2010/12/10
最近のニュースを見て

m0209221

 近頃、NASAによる宇宙生命学上の発見という告知でヒ素を食べる
バクテリアの発見(宇宙人が発見されたかとわくわくしていました)、
日本製の金星探査機「あかつき」の金星周回軌道への投入失敗
6年後の再挑戦に期待してます)など、たくさんの興味深い報告が
ありました。
その中のひとつを紹介します。



 人間の皮膚細胞から作った人工多能性幹細胞(
iPS細胞)を利用した治療により、脊髄損傷で、
首から下がまひしたサルが歩けるようになるなど運動機能を回復させることに成功したという
報告がありました。
iPS細胞とは神経や筋肉、血液などさまざまな細胞になる能力を有する新型万能細胞です。
サルは霊長類ですので、人間に非常に近く、
iPS細胞を使用した再生医療というものがだんだん
現実味を帯びてきました。

 歯科の世界でも最近大阪大学でヒトの歯茎の細胞からiPS細胞を作成することに成功しています。
現在の歯科治療では、失った部分をどう補うかということが主点となっていますが、近い将来、
このような技術が応用され、「再生医療」が歯科界にも大きく関わってくるでしょう。

いつの日か、不慮の事故により抜けてしまった歯の代わりに新しい歯を生やすことができたり、
悪性腫瘍などで失われたあごの骨の再生が可能になったり、そのような日が来るかもしれません。

日々新しい発見や技術の進歩がありますが、それに遅れることのないように日々研鑽していきたいです。

《 富田世紀 》

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。