ブログ

ブログ

旧ブログ
2011/01/15
がんと放射線治療のお話

 急速に高齢化が進んでいる我が国では、がん罹患患者数、全死亡に占める
がん死亡の割合ともに増加し続けており、死因の第一位となっています。
現在では国民に二人に一人ががんに罹患し、三人に一人はがんで亡くなると
言われています。

 がん治療では,手術,抗がん剤治療,放射線治療が三大治療として
確立され、がん治療の中心となっていますが、なかでも
放射線治療は
治療による痛みを伴わず、また体への負担が少ないことから、
高齢や他の疾患がある等の理由で手術や化学療法を受けられない患者さん
でも治療が可能です。
また、手術と比較して
臓器を切除せずに済むため、治療後の生活の質
Quality of life)を高く保つことができることも大きなメリットです。
近年,放射線治療機器の技術革新はめざましく、
腫瘍へのピンポイント照射が可能となり、
治療効果が飛躍的に向上しただけでなく副作用なども軽減されています。
 欧米では、がん患者の約6割に放射線治療が行われているのに対して、
日本では未だ
25%程度しか実施されていません。
日本では手術と同等の生存率が得られるにもかかわらず、
手術を選択してしまうケースが多いと言えます。
日本は欧米と比較して放射線治療の専門家が少ないという実態や、
日本人の放射線への過度の恐怖心が原因と言われています。

    ファミリー               《 島本博彰 》

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。