ブログ

ブログ

旧ブログ
2011/05/02
『歯科用CT』 を設置しました



当院では5月より新しいレントゲン機器を導入いたしました。


一台で従来のパノラマ撮影に加え『歯科用CT撮影』が出来るように

なります。  

歯科用CTの導入は、・親知らずの抜歯・根管治療・歯周病など幅広く
歯科治療に応用することができ、より正確な診断で治療の安全性を

高めます。



撮影後の読影は当院の非常勤歯科医師で

・ 日本歯科放射線学会専門医

大阪大学歯学部歯科放射線科 助教の島本博彰先生が行ないます



       【歯科用CT】とは?             

特殊なX線センサーとコンピューターを用いて、対象物を平面(2D
ではなく立体的(3D)に撮影することができるX線装置のことを

コンピューター断層撮影:Computed Tomography(CT)と言います。



1〉見えなかったものが見える

     一般のレントゲンでは見えなかった部分が容易に確認できるように

     なり、顎の内部構造などもリアルに見ることができます。   

なり    

2〉分からなかったことが分かる

    顎や歯だけではなく上顎洞7(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、 

病巣などを立体画像で確認できます。



歯科用CTで、インプラントの術前撮影も十分可能ですが

当院では、より正確、より精密を要する為

従来通り提携病院『医科用CT』で撮影していただきます




vpro-img01    iview-img03











CONTACTお気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。