ブログ

ブログ

旧ブログ
2012/01/20
母親のお話

私の今年85才になる母親のお話です。
母は11月上旬の倒れて首の神経を痛め、
手と足が不自由になってしまいました。erac_brush510_pht
今も病院でリハビリを頑張っています。
入院の初期はまったく手も動かず、腕も上がらなかったので
食事も三食食べさせてもらいました。
病院では朝食の後に歯ミガキをしてもらった様です。
母は入院する前は歯科医院の3ヶ月ごとの健診にも通い、
歯も20本以上あったので、病院の食事は何でも食べることができました。
 そのうちリハビリがすすみ自分でスプーンを持ち、食べ物を
こぼしながらも一人で食事ができました。
その頃から昼の食事の後にも私が歯ミガキをする様になりました。ハブラシ・DH
歯科医院に勤めながらも人の歯ミガキの経験はまったく無く、
衛生士さんにいろいろ聞きながら歯ミガキをしていました。
 1週間程前にいつもの様に歯ブラシを出すと、母は「自分でする」
と言って歯ブラシを両手で持ち一生懸命磨き始めました。
”人間ってすごいなあ!”とその時思いました。
これからもまだまだ大変な母の生活ですが、私も頑張って
お手伝いをしていきたいと思います。

                  《 福山 》

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。