ブログ

ブログ

旧ブログ
2012/03/26
藤浪歯科 同窓会in広島

324日土曜日、診療終了後昨年5月に退職され、現在はご実家の広島で開業されている
川本先生に会う為山田先生や金澤さんと広島に行ってきました。
金沢さんは川本歯科の見学も兼ね朝から自家用車で出発し、
7月に一度お尋ねした私と山田先生は夜の食事会にむけて午後から新幹線で出かけました。
川本先生お薦めの【広島で2番目に美味しいお店】

『釜飯本店酔心』にて 4人が合流し食事をしました。

昨年夏に開業された川本先生の苦労話、これから開業しようとする山田先生や金沢さんの抱負、
藤浪歯科で勤務していた頃の思い出話等々・・3時間はあっという間に過ぎました。

因みに『釜飯本店酔心』のキャッチフレーズは『広島で2番目に美味しいお店』
と言うことでしたが『1番は?』と皆でワイワイ言っておりましたところ、
お店の方曰く『1番は家庭料理』ということでした。かつて石原裕次郎が食事をした部屋で飲み、
瀬戸内の新鮮な魚介類を食し、最後は酔心の自慢料理の釜めしでお開きでした。
広島に行かれることがあればこのお店がお薦めです。

最後に、川本先生から聞いた高齢者歯科に関する話です。

先生の現在の診療所は高齢者の方が大半で、なかなか自分が理想と思う今までのような歯科治療が出来ず、
また高齢者歯科治療の限界にジレンマを感じておられたようです。
しかし、先生は当院に勤務されている時から患者さん最優先で一生懸命治療される方でした。
そこである高齢者の患者(少し、認知症気味)の方に、開業当初より口腔衛生指導を繰り返し行っていたところ、
最近では患者さん自ら歯ブラシをされるようになり
「継続した指導がやや実を結んできたのかも?」と喜んでおられました。
また 医院のこれからの課題としては高齢者のご家族とのコミュミケーションの大切さは勿論
『 医院自体のシステム構築 ・摂食嚥下の治療 』を充実させていきたいと熱く語っておられました。
彼の熱心な仕事ぶりを聞き「他の高齢者施設からもオファーが来ています」との話に一同納得でした。

藤浪歯科卒業の三人三様のこれからの活躍を大いに期待しております。
shopimage_2

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。