ブログ

ブログ

旧ブログ
2013/07/22
顎関節学会 参加報告
日 時:2013年7月20日(土)〜21日(日)
場 所:一橋記念講堂
テーマ:これからの顎関節治療を考える
プログラム 等
・特別講演1:Hoon Chung先生
        『アジア顎関節学会の現状と展望』

・教育講演1:大阪大学 矢谷 博文先生
        『新たな顎関節症の概念とは』

・教育講演2:早稲田大学 春木 豊先生
        『行動変容法の基礎と実践−習癖逆転法−』

・シンポジウム1:岡山大学 水口 一先生
          東京医科歯科大学 羽毛田 匡先生
          豊橋医療センター 湯浅 秀道先生
          『顎関節の初期治療は今後どうあるべきか』

・シンポジウム2:東京開業医 神林 秀昭先生
             〃    佐藤 文明先生
          東京医科歯科大学 小野 芳明先生
          『児童および生徒における顎関節症の診断と治療』

・イブニングシンポジウム:口腔心身症外来

・ハンズオンセミナー:顎関節領域の痛みに対する理学療法
             −マンプレーションを中心に−

私が今回参加した目的の1つはハンズオンセミナーにありました。
マニピュレーション(広義・狭義)を院内スタッフに伝達し、
明日からの臨床に活かせたらよいと思います。

                                      藤浪

DSC_0046-2
DSC_0045-1

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。