ブログ

ブログ

旧ブログ
2013/09/06
知覚過敏


知覚過敏とは虫歯でもないのに、冷たい(温かい)物、酸味の強い物を飲食したり、歯磨きをした時、歯に風が当たったりした時など、一時的に歯がしみる症状のことで、一口に知覚過敏といっても原因や症状、痛みの程度は人それぞれです。

知覚過敏の症状として大きな特徴なのが、「一時的に歯がしみる」ということです。

程度にもよりますが、虫歯の場合、慢性的な痛みを伴う事が多いのに対し、知覚過敏の場合は冷たい物を食べたり飲んだりした時などに、歯が一時的にしみることが多く、その痛みはしばらくすると治まります。

ですので、歯がしみる症状が軽く、その症状が一時的だとしても、冷たい物を飲食したり、歯に風が当たったときなどに歯がしみれば知覚過敏の可能性が高いといえるかもしれません(症状が進むほど、温かい物までに歯がしみるようになります)。

「歯がしみる」この症状こそ、『虫歯・歯周病・知覚過敏』などの歯周疾患のサインかもしれないので、歯がしみたら1日も早く歯科医の診察を受ける事をオススメします。


haha007
藤田 祐加

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。