ブログ

ブログ

旧ブログ
2013/12/09
お酒と歯科疾患


2013年もあと一か月となりました。
忘年会シーズンなので飲みすぎに注意したいと思います。
お酒と歯科疾患は一見無関係のようですが、
忘年会シーズンのように連日アルコールを摂取する機会が増えると、
身体機能が低下し、それにともない
口腔衛生状態の低下や
唾液分泌の異常などが起こりやすく、虫歯や歯周病のリスクが上がります。

皆さんもお酒はほどほどに楽しんでくださいね。

《 林芳紘 》

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。