ブログ

ブログ

旧ブログ
2018/09/26
大阪府歯科医師会 学術講演会

研修医の小西です。

今回大阪府歯科医師会の学術講演会に院長と出席させていただきました。

朝日大学歯学部教授の藤原先生が[下顎無歯顎顎堤の印象、難症例および在宅歯科診療での応用]と演題でお話しされていました。

歯の喪失状況は年々改善傾向にあるなか、無歯顎になる患者さんは増加しています。

現在、歯科医院では来院患者の3分の1以上が高齢者であり、平成28年度の歯科実態調査では、後期高齢者の30%が全部床義歯を装着していると報告されています。また、多くの高齢者が歯科医院に来院できず、居宅や施設での治療がされています。

今回の講演はそのような背景をもとに下顎無歯顎顎堤の印象に注目して、解剖学的形態などの基礎的な知識を整理するとともに、施設や居宅でも可能な印象法などを学ぶことができました。

最後になりましたが、このような貴重な機会をあたえていただいた院長、本当にありがとうございました。


                                           〈小西〉

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。