ブログ

ブログ

旧ブログ
2009/09/07
日本歯科医師会セミナー


s-P1000161日本歯科医師会主催 
平成
21
年度 生涯研修セミナー
『いつまでもおいしく食べていただくために』  
〜インプラントによる咬合再建〜

奈良県歯科医師会館にて97日(日)で開催され、藤浪が参加しました。

午前は九州大学の古谷野教授、午後は東京歯科大学の関根准教授が講義され、たいへん有意義なセミナーでした。

 『インプラント治療は、患者・術者ともに負担の大きな治療である。基本的プロトコール(術式)に則り、適切にするべきである。外科的(手術)・補綴的(上部構造)偶発症

が発生する事も予測した上で、患者さんへのインフォームド・コンセントをしなければならない。』と述べられておりました。当院でも数年前から本格的に取り組んでおりますが、

今まで以上に患者さんの安心・安全を最優先し、推進していきたいと考えております。

 さらに、患者さんのQOL(Quality of Life 生活の質)を考慮す上で、たいへん有効な治療方法で、欠損歯列をこれ以上拡大させない為に、或いは長期的に安定した歯列を保全させたい場合などには、積極的に推進していきたいと考えております。

 尚、インプラント治療を進める上で、当院の方針は、

?上部構造の設計計画

?埋入計画

?メンテナンス計画

をしっかりプランを立てた上で、患者さんへ治療計画の説明と同意を得、プロトコール(基本的術式)を遵守した治療をするべきであると考えております。

                   藤浪 庸介

CONTACT お気軽にお問い合わせください

当院では皆さまが「お口の中で気にされていること」を改善できるよう尽力いたします。
お悩みや分からないことがおありの際は、お気軽にご相談ください。